ご挨拶


理事長  社会福祉法人さくらゆきは、前進にNPO法人さくらゆきという医療、福祉、法律の専門分野の者が集まるボランティア活動を行う小さな団体から生まれました。日ごと仲間や活動が増えていく中で未来の事業を夢見ていた頃に、東日本大震災がおきました。まだ雪が降りしきる時期の被災地映像に映った子どものひとこと「春にさくらって見られるのかなぁ」に心を打たれた我々は、”雪(ゆき)から桜(さくら)”の時期に被災者と共に忘れてはならない思いをしたという決意で、この『さくらゆき』が生まれた由来となったのです。 職員たちで決めた法人名であるからこそ、このやさしい名称に愛着を持ち、法人を大切に想う気持ちを持ち続けていてくれます。
 当法人は地域に密着した社会福祉事業をはじめ、高齢者、障害者、児童福祉と三本の柱となる事業の確立を目指し、社会福祉に貢献できるよろこびを感じながら心を込めたサービスが提供できるよう、より一層尽力してまいります。
 今後とも変わらぬご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

理事長  依田 充朗              

法人理念

信頼・創造・感謝・育成

1.信頼とは、相互に理解と思いやりをもって認め、補い合う関係から生まれること
2.創造とは、自ら考える知恵と工夫によって日常の課題を解決していく手段を創り出していくこと
3.感謝とは、相手の言葉を真摯に受けとめ、ありがとうと伝えることができること
4.育成とは、強い仲間意識を築く人間を育て、社会に開かれた組織を目指す人材育成に努めること


特別養護老人ホームさくらの舞施設方針

1.私たちは、ひとりひとりに笑顔と敬意を持って接します
2.私たちは、安心してサービスを受けられるよう、優しい心と語りかけで雰囲気の良い環境を提供します
3.私たちは、住み慣れた地域に開かれた福祉拠点としての役割に貢献します


社会福祉法人 さくらゆき 行動計画

行動計画

↑ ページの上部へ